スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん患者会

夫の抗がん剤治療サードラインは
イリノテカン+シスプラチンでした。
4週毎に1週間入院しての点滴。
初回から、かなりの吐き気に苦しみ
ほとんど食事も摂れない状態で、
退院する頃には歩くのがやっとのフラフラ状態でした。

がん専門病院の抗がん剤治療は
限界ギリギリのMAX投与の為
身体の衰弱が激しく、耐性が出来るのも早い
という情報が入って来た頃だったこともあり
このまま続けていていいものか、と
不安でたまりませんでした。

その頃、がん専門病院内で見つけたのが
がん患者会のパンフレット。
迷いながらも電話してみると
偶然、その患者会の代表も同じ病院であることがわかり、私達の不安の一つ一つに回答を頂くことが出来ました。
それから、夫が亡くなるまで、本当に親身に、病院のことや新しい治療法のこと、障害年金、私の心のケアまでも、何から何まで支えて頂き、そして夫が逝ってしまった今も、支え続けて下さっています。

私達がお世話になった患者会です。
がん患者会シャローム

電話一本でした。
新薬の情報収集のためだけにでも、是非、登録して頂ければと思います。



スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。