スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝臓・前従隔再発

2008年3月~6月

息子の卒園式に参列した翌週、外来で病院を訪れると、既に主治医は消化器外科の医師では無く、消化器内科の腫瘍内科医に代わっていた。
夫は、肝臓の手術担当医から勧められた通り、TS-1の内服継続をお願いしたが、断られた。
「お願いしようにも、取り付く島もないんだよ。必要ないでしょう で終わっちゃったよ。」
肝臓の外科医からは、既に、5年生存率20%と告知されていた。
子供連れの患者を前に、慌ただしく生存率を述べ、患者の願いを、目も合わせず一言で却下する医師達が、まるで機械のように、患者はただの症例に過ぎず生身の人間とは見えていないのではないか、と感じられた。

4/4、夫は職場へ復帰した。
身体はどんどん回復し、この頃には食欲も戻り、胃摘出前の7~8割強程まで食べられる様になっていた。

5/27、CT検査の結果、夫は肝臓・前従隔への再発を告げられた。
再発告知の後、そのまま治験参加の説明を受けたが、夫の落胆は激しく、再度説明の為の外来予約をとった。

6/6、夫と病院へ行き、抗がん剤の説明を受けた。
胃がん再発の場合、使用する抗がん剤は
・TS-1
・シスプラチン+イリノテカン
・タキソール
・マイトマイシン
とのことで、この段階でなら治験に参加することが出来、治験薬を使うことによって、使える抗がん剤の数が1つ増えることになるとのことだった。

術後補助としてのTS-1は効果が無かったかもしれないが、もう一度、他の抗がん剤との併用で使ってみることは出来ないかと聞いてみたが、即却下された。
夫は治験参加について迷っていた。
正確に言えば、再発のショックが大きすぎて、何が何だか、よくわからなかった。
主治医は沈黙に苛立っている様だった。
再度、治験薬を使用する利点を述べ、
「治験とは、使用した抗がん剤の数が少ない人が対象となる」
「今だから参加出来る」
といった説明を続けた。
夫は、私の顔を見て、それから、治験参加を主治医に告げた。


スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。