スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後

2007年6月27日

手術翌朝、病院へ行ってみると
夫は浴衣を着て、何本もの管を繋がれて、軽く息切れし、額に汗をかきながら、横になっていた。
「どうした? 大丈夫?」と声を掛けながら傍にいくと
「歩いた・・・」と返って来た。

術後は、腸などが癒着しない様に、
また、身体の回復を早める意味でも
翌日から歩かされる。

「怖かった・・・」と言いながら青ざめた顔で
朝の回診時に、主治医から手術の説明を受けたことを
お腹に力が入らない為に弱々しい声で話してくれた。

話しながら、話を聞きながら、こみ上げる想いに涙が溢れた。
丁度、点滴を交換してくれていた看護師さんに
「ありがとうございました」と
夫は泣きながら頭を下げた。
若い看護師さんは
「良かったですね」と言いながら
「いいご夫婦ですね。」
「もらい泣きしちゃいました。」
と、目を赤くして離れた。

良い病院だと思った。
このまま完治すると信じて疑わなかった。


スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

<< ひとりじゃないとわかった日 | ホーム | がん患者会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。