FC2ブログ

プロフィール

りんご

Author:りんご
2007年4月 夫は43歳で胃がんと診断されました。
告知から亡くなるまでの日々、忘れたくないのに、記憶は日々薄れていくようで・・・辛かったけど、幸せだったあの日々を、もう一度辿ってみたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の想い

昨夜、息子と食事していて
いつもの様に、自然とパパの話になった時
息子が突然、遺影に向かって
「なんで死んじゃうんだよ。ばーか」
って言い出しました。
「どうした?」
って、息子の顔を見たら
「パパも、うるせーよ!ばーかって言ってるよ、きっと」
って言うなり、みるみる泣き顔になって
「パパとキャッチボールしたい。
 サッカーしたい。」
って、泣きながら私に抱きついてきました。

夫に似て、あまり想いを口に出さない息子で
今は特に、「ママを守る」って思いが強いようで
ちょっと心配して見ていたのですが
最近、少しずつ、
「パパの鼻のかみかた」とか
「パパの顔の洗いかた」なんて真似が始まり
よく遺影を見ながら
「今、パパ、○○って言いながら、天国でビール飲んで笑ってるよ」
「ママ、パパも美味しいって言ってるよ」
なんて言葉が出る様になり、昨夜は涙になりました。

そういえば、こっちに来てから
広い公園でピクニックしながらキャッチボールなんてしてないなぁ。
・・・反省。
引っ越して来る前は、夫が亡くなった直後も、いつもの公園で
2人で、以前と同じ様に、天気の良い日はよくピクニックしてました。
いつも一緒だった夫がいなくて、とても寂しかったけど
いつもならパパの役目だった、キャッチボールやサッカー
「下手だなぁ」って息子に言われながら、教わりながら。
今週末は晴れるかなぁ。
久しぶりに、息子とキャッチボールしてみようかと思います。



スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

<< 自宅療養 | ホーム | がんペプチドワクチン >>


コメント

『そうだね。』という言葉!

りんご様

『ママも君と同じだよ。』
『どうして、逝っちゃったんだろうね。』
『サッカーしたいね。キャッチボールしたいね。』

どうか、どうか、その息子さんの気持ちに限りなく
寄り添って欲しいと思います。

答えなんていらない。立派に教えることもない。
ただ、辛い思いや、悲しい気持ち、
パパがいたら・・という願望。

それらすべてを『ほんとにそうだね。』
『パパにはかなわないけど、ママでもいい?』

って、そう対応してみたらどうかしら?
私が辛い時、
ただ、私が望むのは、私の気持ちを分って欲しい。
意見ではなく、ただ、認めて欲しい。
当たり前のアドバイスではなく、
悲しみを受け止めて欲しい。

そういう思いが強いかな?

私もりんごさんを想ってやまない。
あなたも息子さんを応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「そうだね」ですね。

ほんとに、そうですね。
私も、泣きたい時、悔しい時、辛い時、どんな時でも「そうだね」って認めて欲しいって思いました。
息子も同じですね。

夫が亡くなってから、癇癪をおこして泣くことは増えたけれど、悲しくてとか、辛いって感情をためこんでいる様に感じて、どうしていいかわからなくなっていました。昨夜、泣いてくれて嬉しかったです。
私に、あまり余裕が無かったのを、感じていたんでしょうね。だめですね、まだまだです。
自分で支えているつもりで、でも、息子に支えてもらっていたように思います。重かったですよね、すごく。
ブログ始めて良かったって思います。

ありがとうございます。

Re: はじめまして

こんばんは。
コメント、とっても嬉しかったです。ありがとうございます。

辛くて、寂しくて、苦しくて、ですよね。
私も、まだまだ、夫が帰ってくるような気がして、頭では「もういない」ってわかっているのに、心が「あんなに元気で、いつも一緒だったのに、もう会えないわけ無い」なんて、まだまだ現実を拒否してます。外に出て、家族で外食してたり、買い物してたりを見るのが辛かった。「どうして?」って、いっつも思ってました。

ここにも仲間がいます。私は泣いてばっかりですが、辛い時は書きこみして下さい。
書くだけで、楽になるかもしれないから。

また寄って頂けたら嬉しいです。ありがとうございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。