FC2ブログ

プロフィール

りんご

Author:りんご
2007年4月 夫は43歳で胃がんと診断されました。
告知から亡くなるまでの日々、忘れたくないのに、記憶は日々薄れていくようで・・・辛かったけど、幸せだったあの日々を、もう一度辿ってみたいと思います。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸閉塞

2007年12月7日~11日

12/6は、TS-1の3クール目の開始初日だった。
「また、あまり食べられなくなるから、豚カツが食べたいな」
連日の野菜中心の食事に飽き飽きしていた夫が言った。

「胃がんにはキャベツのスープがいいらしい」
と、夫が持って来たレシピを元に、食事は連日野菜中心となっていた。
この頃には、中身や味を変えてみても、野菜スープを見ただけで
「ごめん。せっかく作ってくれて悪いけど、少しでいい」
と言うようになっていて、たまにはいいか、と作った豚カツを、
夫は食べすぎてしまった。

食後、すぐに、お腹を押さえて苦しみ出し、暫く横になって耐えていたが、耐えきれずにトイレに駆けこんで嘔吐した。
治まったと思っても、またすぐ吐き気がこみ上げ嘔吐した。

暫くして、ようやく横になり、吐き気と腹痛が治まるのを待った。
少しは眠ったようだったが、朝になっても吐き気と腹痛は治まらず、主治医に電話で連絡し、病院へ行った。
腸閉塞だった。
比較的軽い症状とのことだったが、そのまま入院・点滴して様子をみることになった。

徐々に症状は治まり12/11退院したが、その後すぐに夫は、肝臓への再発を告げられた。

スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

<< 野球とサッカー | ホーム | TS-1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。