スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験開始(2)

6月11日~23日

治験薬の「NK105」は、それに含まれている有効成分のパクリタキセルに、特殊な高分子成分を加えて小さな粒子にし、がん組織に集まりやすくしたもので、通常のパクリタキセルと比較して、体内に長く留り、抹消神経障害が軽減されると考えられている。

6/11に入院し、翌日NK105の説明や、投薬スケジュールなどを説明された。
病棟は治験専用病棟となっており、初日はベッドの空きが無かったらしく個室へ案内された。
翌朝、病院へ行くと、通常の4人部屋に代わっていたが、まだ自覚症状も無く元気だった夫は
「個室は怖いよ」
と、部屋の変更を喜んでいた。
投薬開始は翌週月曜日の6/16からとなり、多少の検査を受けながら、ゆっくりした時間を過ごすことが出来た。

6/13は外出許可をもらい、2人でランチに出かけた。
「ここの病院食は、なかなか美味しいよ」
と言ってはいたが、元気な夫は、四六時中ベッドの上でおとなしくしていることは苦痛だったらしく、私が着くのを今か今かと待っていた。
職場近くということで、夫は地理に詳しかった。
「あの店は○○が旨いけど、混むんだよな」
「あの店、一回食べさせてやりたかったんだよ」
なんて、お店を指さしながら、その特徴を挙げて行く。

「胃がん」と診断されてから、特に、抗がん剤を始めてからは、辛いことや苦しいことが多かったけど、でも、その合間合間の、副作用の辛さが徐々に身体から抜けてから次の抗がん剤までの、苦痛少なく食べられる、過ごせるという短い期間が、私達には宝物の様に感じられた。

その日、帰宅後、夕食の準備をしていた所に、
「外泊許可もらったんだ。驚かそうと思って」
ニコニコした夫が、ドアを開けて入って来た。日曜日夜までの外泊だった。
息子は嬉しそうに
「パパー!」
と駆けて飛びついた。嬉しかった。幸せだった。

6/16 NK105投薬開始。
ここからまた、さまざまな副作用に苦しむことになった。


スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

<< 霊安室 | ホーム | 治験開始(1) >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 匿名希望さま

匿名希望さま

コメントを、ありがとうございます。

我が家も、転勤族でした。
知らない土地に行って、知人の無い土地に住む度に
本当に家族の絆が強くなりますよね。
当時はイヤでたまらなかった地も
今では家族が共に暮らした思い出の地になりました。
切ないですね。

夫が亡くなった時、私の親族は皆、新幹線を含めて3時間の距離があり
両親も高齢だったので、大丈夫だからと帰してしまいました。

告別式の後、近くでお茶をしながら時間を潰して
夜になって友人2人が訪ねてくれた時は、正直、苦痛でした。
その内の1人は、電車で1時間半の距離を、毎週末、仕事帰りに訪ねてくれて
時には泊ってくれて、何も言わずに、ただ息子と私の傍にいてくれました。
最初は平気な振りをして、泣けなくて、苦痛で堪らなかったのに、
ある日、突然泣けてきて・・・その時の思いや葛藤を少しずつ話し出して
友人は黙って泣きながら、私の話を聞いてくれました。
あれが無かったら、今の私は無かったと思うほど、息子も、救われました。

その後、私は実家の側に転居して、今度は引っ越しからずっと支え、助けてくれているのが
2人の内のもう1人です。
2人とも、高校の同級生でした。

夫を亡くしたということで、同情されたくない という思いが私は強く、
いまだに、なかなか素直に心を開くことは出来ないけど
でも、全て自分次第なんだなぁと思える様にはなりました。
本当に、感謝してもしきれない思いでいます。

いつもコメントして下さる匿名さまにも、いつも心を癒して頂いています。
本当に、ありがたいです。
こちらこそ、これからも、どうぞよろしくお願いします。
心から、ありがとうございます。

週末、気をつけて行って来て下さいね(*^_^*)

ありがとうございました。

Re: ありがとうございました

匿名希望さま

コメント、ありがとうございます(*^_^*)

私も、ずっと、
誰も夫を亡くした私の気持ちはわからない
って思っていました。

でも、不思議なことに、このブログを始めてから
今まで見えていなかったことが、色々見えるようになってきた様に思います。
想いを言葉にする、書く、って癒しに繋がるのかもしれませんね。

そして、皆様の温かいコメント。
本当に救われています。ありがとうございます。
1人じゃないって思えることも、また大切なんですね。


ご卒園、おめでとうございます。
おめでたいことで、とっても嬉しいことだけど・・・辛いですよね。
私も、1人家族の集団に入っていくことを思うと、胃がキリキリ痛くなります。
いまだに足がすくみます。
当日は、お子様の為に、ただお子様を見つめて
泣いちゃうかもしれないけど、微笑んで、見つめ続けて欲しいと思います。
沢山、ビデオ撮ってあげて下さいね。

夜、1人辛くなったら
いつでも、愚痴でもなんでも、書いて下さい。
私も、匿名さまを見習って
明日の息子のサッカーの試合、1人、見つめ続けます。
勇気を頂きました。
ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。