スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊安室

2010年3月12日

結婚して20年、結婚当初から、口喧嘩をした後などに
私がいつまでも怒っていると

「○○(私)が死んで、もし地獄に行ったら、俺が必ず
  昔話みたいに、クモの糸を垂らしてやるよ。
  でも、昔話みたいに、○○は他の人たちを蹴散らすから
  クモの糸が切れちゃうんだ」

と、夫は笑いながら、よく私をからかった。

息子が生れてからは、そこに息子も加わり
地獄にいるのは息子と私になった。
息子は悔しそうに、よくパパに言った。

「どうしてパパだけが、いっつも先に天国にいるんだよ」




私達が住んでいたマンションは、会社の借上げ社宅であった為
最期に、夫を連れて帰ることは叶わなかった。

夫が亡くなった翌日、
斎場の霊安室で、棺の蓋を開け、
冷たく凍った夫の顔に初めてふれた息子は
一瞬ビクっと手を引き
すがるように私の顔を見て

「パパ、冷たい」

と言ったきり、また黙って夫の顔を見つめながら
ぽろぽろ ぽろぽろ 涙を零した。
それでも、また、顔にふれ、前の晩に書いた夫への手紙を
夫の胸元にそっと忍ばせた。

その場には、立会の葬儀社さんと、息子と、私だけ。
夫の親族が来る前に、家族だけで、ガラス越しにではなく、直接ふれて
お別れをしたかったから。

葬儀社さんが棺の蓋を閉める為に背中を向けた時
息子が突然、天井を指さして小さな声で言った。
「ママ、パパだよ」
つられる様に、天井を見た途端
黒いクモが、息子と私のちょうど真上から、
スルスルとクモの糸をのばして下りて来て
目の前を通り、床に着地した。
その時、葬儀社さんが振り返り私達に何か話しかけた。
注意が逸れたその一瞬の間に、クモは消えてしまった。

「ママ、パパいなくなっちゃった」
あわてて、大きな声で言う息子を、葬儀社さんがなだめた。
「大丈夫だよ、蓋をしただけで、パパはここにいるよ」

息子と顔を見合わせた。
同時に、みるみる涙が溢れた。


スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

<< 夢 帰ってきたよ | ホーム | 治験開始(2) >>


コメント

はじめてコメントします。この、くも のエピソードは、いいですね。幽明堺を異にしても、ご主人がお二人の傍に居られることを、指し示されたのでしょう。
いい話を有難うございます。

Re:

syouryuさま

コメント、ありがとうございます。

クモが夫だったのかどうかは、よくわかりませんが
泣いてばかりいる息子と私を心配した夫が
「いつも傍にいるよ。ちゃんと見てるよ。」
と、伝えてくれたのだと思っています。


ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。