スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢 起きろ

2010年3月14日

七七忌の法要を終え、お位牌をお仏壇の義母の隣りに移した。

義母のお仏壇は、当時寝室にしていた六畳間の和室にあった。
そこに布団を敷いて、親子3人、いつも川の字で寝ていた。
お位牌を移すと同時に、沢山のお花も、お仏壇の廻りに
義母と夫から見える様にと移した。
室内は、いつも、百合の香りがした。

息子と布団を敷きながら

「お花の花瓶、ちょっと怖いね
 ○○(息子)はものすごく寝相が悪いから
 コロコロ転がって倒さないでね」

なんて、よく話していた。

七七忌を終えた数日後、
いつもの様に、息子と1つ布団で眠っていた私に
夫が怒った顔で
やっぱり、アンダーシャツにボクサーショーツ姿で

「起きろ!
 ママ、早く起きろ!
 起きろ!」

何故か、夢だってわかってた。
起きろって言われたけど
起きたくなくて、泣きながら
必至で夢にしがみ付いていた。

でも、ふいに目覚めてしまった。
目を閉じたまま、それでも必至で夢に戻ろうとしたその時、
走り回る足音がした。
パッと目を開けると
息子が、襖を開けて走り出て行った。
リビングの小さい明りだけが点いていた。

「どうしたの? 何かあった?」

起き上がって、和室の電気を点けた。
花瓶が倒れて、水がもう少しで布団まで達しようとしていた。
息子が慌てて雑巾を掴んで戻ってきた。

何も、あんなに怒った顔しなくてもいいじゃない。
・・・ありがとう。

息子と畳を拭きながら
今の見た夢を、話して聞かせた。
「パパ、やっぱり守ってくれてるんだね」
息子は嬉しそうに笑って、素直に受け入れた。


スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

<< 夢 泥棒 | ホーム | 夢 帰ってきたよ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。