スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験開始(4)

2008年6月~12月

脱毛は、頭だけに止まらなかった。
全身、脱毛することを知った。
普段は、眉毛やまつ毛が無いことが辛かった。
丸坊主で、眉毛が無い。

「満員電車なのに、俺の廻りだけ少しゆとりがあるんだよな」

太枠の黒縁の眼鏡で、大分印象が変わることに気付いた。
家族旅行の回数が増えたが、お腹の傷も目立ち、
温泉もまた辛かったようだ。

「パパが入って行くと、他の人がみんな上がって
 2人だけになったから、泳げたんだよ」

「誰も目を合わせないで、面白いくらい
 サササッと上がって いくんだよなぁ。
 スキンヘッドだし、お腹の傷あるし、眉毛無いし
 ちょっと怖い?」

なんて、息子と一緒に笑ってた。





この頃、日頃から、夫と意見が対立していた上司が
飲み会の席で、夫の後ろから
夫の刈ったばかりの青白い丸坊主頭のアップ写真を
携帯で撮って、職場の皆にメール添付で送り
笑い話にしたことがあった。
もともと仕事の進め方で衝突したこともあり
夫は目ざわりな存在だったのだろう。
夫にも送られた添付画像を私に見せながら

「人間性だよな。
 これが上司なんだから、イヤになるよ」

と、苦笑していた。
「がん」とは、本当に辛く苦しい病だと思った。
治療の辛さだけではなく、廻りの人々の偏見とも
闘っていかなければならない。
外傷とは違い、抗がん剤の副作用の苦しみは
目で見えるわけでは無いだけに
廻りから理解を得ることは難しい。
人々の「人間性」が見える病でもあると思った。

それでも夫は、あの穏やかな、彼独特の笑顔で
最期まで仕事を続け、私と息子を守り続けた。
夫の強さが、傍にいてくれるだけで
守られていると思えた、あの安心感が
とても恋しい。


スポンサーサイト

テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

<< いつも傍に | ホーム | 治験開始(3) >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:治験開始(4)

シャロームです。

その上司に憤りを覚えます。
しかし、
自らその貧弱な人間性を露呈した形になりましたね。

本当に家族を守るために、
北風に立ち向かっておられたのですね。




Re:

匿名希望さま

コメント、いつもありがとうございます。

カバチ・・・見てないです(^^;
というか、夫が亡くなってからというもの
大好きだった本すらも読むことが出来なくなってしまいました。
時が経てば、また読める様になるのかもしれませんが
今はまだ、文を目で追うのですが、頭に流れて来ないカンジです。
なので、息子が好んで観るお笑い番組ばかりです(^^;
匿名さまのお気持ち、嬉しかったです。ありがとうございます。
コメント読んでいて、私も息子の為に最強の母にならなくちゃ
って思いました。本当にそうですね。

来月から、働き始めることになりました。
最強の母になるための一歩となる様、頑張ります。
きっと疲れきってしまって(^^;更新も滞ってしまうかと思います。
土日、なんとか時間を見つけて・・・と思っておりますが(^^;
子供会役員、スポ少と、クラクラしています。
1人って大変だなぁ、と、つくづく思う今日この頃です。

ありがとうございました。

Re:治験開始(4)

シャロームさま

いつも、ありがとうございます。

抗がん剤を受けられておられる方々は
少なからず、こういった経験をされているんですよね、きっと。

あの時は、私も悔しくて、頭にきて、夫を思うと辛くて
でしたが、
今、ここにきて
本当に、どれくらい夫に寄り添えていたんだろう
と、思うことが多くなりました。
「夫婦であっても、立場が違う」
と、以前、シャロームさんに教えて頂いたことが
今になって、本当の意味で理解出来てきた様に思います。
まだまだ、涙ばかりの日々です。

ありがとうございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ
にほんブログ村

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。